インスタ映え間違いなし! 親子で楽しむレモン柄水着コーデ

いよいよ夏間近!「海に行きたい!」「プールに行きたい!」なんて気分が高まりますよね!みなさん、今年の水着の用意はできましたか?withレモン編集部でリサーチしたところ、なんと今年は昨年よりもレモン柄の水着が増えているそう。そこで、レモンファッションの記事でもおなじみ、スタイリストの岡安幸代さんに親子で楽しめるレモン柄の水着をセレクトしていただきました。ジューシーなレモン柄の水着で夏をエンジョイしましょう♪

肌見せに自信がなくても大丈夫! 親子レモンコーデ

肌見せに自信がなくても大丈夫! 親子レモンコーデ

黒レモン柄レディース水着¥3,380/TeddyShop、ブルーレモン柄ベビー水着¥3,132/UZULAND(KIDS MIO)、レモン柄タオル¥540/3COINS、ビニールバッグ¥1,080/PINK SAIL(KIDS MIO)

これまでに雑誌や広告で水着のスタイリングをしてきた岡安さん。「今年は水着選びもまだまだ“インスタ映え”がキーワードです。見た目もキュートなレモン柄はまさに撮影にピッタリ。黒地にレモン柄は痩せ見え効果もありますし、華やかです」と、露出が気になるけれどもトレンドは押さえておきたいママにオススメ。また、子どもには「大柄をかわいく着こなせるのがキッズの特権。写真のようなワンピースタイプなら、着脱もラクですよ」。

花柄のようにレモン柄を楽しんじゃおう♪

花柄のようにレモン柄を楽しんじゃおう♪

黒レモン柄キッズ水着(サロペット&ベルト付き130-150cm)¥6,372/ジェニィラブ、白レモン柄レディース水着¥3,780/Lily white

「花柄やドット柄が春夏の定番でしたが、最近はレモン柄も人気のモチーフ。レモン柄って花柄に似ているんですよ。写真右の大人の水着はレモン柄の生地が重なっているのですが、パッと見ると花柄にしか見えないですよね。左のキッズの水着も遠目で見ると黄色い花柄のよう。レモン柄初心者さんや、花柄では可愛らしすぎるという方にぜひトライしてみてほしいです」。

子どもの肌見せが心配なママに朗報です!

子どもの肌見せが心配なママに朗報です!

黒レモン柄キッズ水着(ベルト付き130-150cm)¥6,372/ジェニィラブ、ブルーレモン柄ベビー水着¥3,132、ブルーレモン柄ラッシュガード¥2,700/ともにUZULAND(KIDS MIO)

デザインがかわいいのはいいけれど、子どもの水着の露出が多くて心配というママも多いのでは?今回、岡安さんがセレクトしたキッズの水着は、どちらもサロペット(付属)やラッシュガード(別売り)が合わせられるタイプ。水遊びに熱中しすぎて日焼けしちゃった、というアクシデントも防げて、海の家やプール施設内で食事をする時でも安心です。

ビーチグッズもレモン柄で元気いっぱいに♪

ビーチグッズもレモン柄で元気いっぱいに♪

レモン柄タオル¥540/3COINS、ビニールバッグ¥1,080/PINK SAIL(KIDS MIO)、浮き輪¥1,080/House of K

水着以外にビーチアイテムとして、100円ショップやプチプラショップでもレモングッズが増えてきているのだそう!「レモン柄のアイテムを加えるだけで、一気に夏らしさがアップします。フルーツ柄はよくあるけれど、夏に映えるのはやっぱりレモン柄。リゾート感が出ますし、持っているだけで涼しげな気分になれますよ」。

表示価格はすべて税込みです。

★プチプラで揃えられるレモン柄のコーデはこちら

おわりに

水着もインスタ映えの時代。鮮やかでジューシーなレモン柄のビーチグッズも揃えれば、ますますフォトジェニックなビーチコーデになりそう!レモン柄水着&グッズで、親子揃ってまわりの視線を集めちゃいましょう♪

【お問い合わせ】
KIDS MIO https://item.rakuten.co.jp/kidsmio/c/0000001571/
ジェニィラブ http://www.jenni.jp
3COINS http://www.3coins.jp/
TeddyShop https://item.rakuten.co.jp/teddyshop/hys1240/
House of K https://item.rakuten.co.jp/houseofk/3e01083/
Lily white https://wowma.jp/item/305987043?aff_id=PLA511303

取材ご協力

スタイリストの岡安幸代さん

スタイリストの岡安幸代さん

女子大生やOL、ママ向けなど数々の女性ファッション誌で活躍するスタイリスト。着まわし企画に定評アリ。1歳と5歳の男の子の子育てに奮闘中。「最近、レモンを砂糖で漬けてシロップを作りました。炭酸で割ったり、お酒にちょっと入れたり。夏のリフレッシュはこれで決まりです!」

関連記事

この記事が気にいったらシェアしよう

この記事を書いた人

withレモン編集部

withレモン編集部

withレモン編集部は、おいしいスイーツ、おしゃれなファッションなどのトレンド情報から、レモンのあんなこと、こんなことまで、ライフスタイルにあったレモンに関する情報を幅広く紹介します!